MENU
繁體中文 English Japanese
← →
まんてんスポット
  • レジャー
  • 自然

面河渓 おもごけい

ここでしか味わえない、自然の芸術がある

石鎚山の南麓に広がる四国最大の渓谷で、エメラルドグリーンに輝く清流・面河川が流れる国指定の名勝です。
奇岩や渓流などの自然が生み出す四季折々の景色はまさに天然のアート。
春には山の花々や新緑、夏にはダイナミックな川遊び、秋には美しい紅葉と時期や時間帯によってさまざまな表情を見せる面河渓。
そんな面河渓を余すことなく堪能できる散策ルートもたくさん!
お気に入りの景色を探しに遊歩道を散策してみてはいかがでしょうか。
自然

おもごけい ぜんいききほんじょうほう 面河渓 全域基本情報

住所
〒791-1710 愛媛県上浮穴郡久万高原町若山 [google map]
アクセス
久万高原町役場から、車で約50分
連絡先
久万高原町観光協会 0892-21-1192
レジャー

かんもんゆうほどう 面河渓ウォーキング「関門遊歩道」

見どころが詰まった散策路

面河山岳博物館の駐車場から、通天橋まで川沿いに続く約600mの遊歩道。
両側に切り立った奇岩が迫る関門や、神秘的な雰囲気が漂う空船橋など、片道15分で手軽に渓谷美を堪能できる散策路です。

関門
面河川で最も幅の狭い峡谷である関門。
別名・猿飛岩とも呼ばれており、大正時代に忍者ブームを起こした立川文庫のヒーロー・猿飛佐助の名前の由来となったといわれています。
面河山岳博物館のそばには「猿飛佐助発祥の地記念碑」もあります。

空船橋
関門に架かる擬木の橋。空に浮かぶような神秘的な雰囲気が漂う絶景ポイントです。

  • 自然
  • グルメ
  • レジャー
  • 宿泊
  • 文化
  • お買い物
PageTop